創業資金のお悩み無料相談受付中!

コラム

2019.04.25
できるだけ低い金利で借りましょう!

 

銀行で働いていた数年前の春、
融資の窓口に50代ぐらいの男性が現れました。

カウンターに座るなり一言、
「先週繰上げ返済した住宅ローン500万、やっぱり返してほしい」と。
よくよく話を聞いたところ
・間違いなく合格と言われていたお子さんの大学入試の結果が、まさかの不合格
・1年間予備校に通うことになったのだが、手元の資金が足りそうにない
とのこと。

教育ローンは「金利がもったいない」と却下。
その通り、一般的に住宅ローンは、他の個人向けローンに比べ、金利が低いです。
(理由はまた別の機会に)

同じ金額を同じ条件(返済期間など)で借りるなら、
金利は低いほうがいいに決まっています。

一般的に公的金融機関のローンは金利が低く、
民間金融機関のものは金利が高くなります。

これは個人でも法人でも、同じです。

もし、経営者の方で、公的金融機関からの融資をご検討中でしたら、
ぜひ一度ご相談ください。

目的や課題に合わせて、最適な方法をご案内できます。

 

無料相談受付中!

0120-505-597

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
クリックで事務所HPへ移動します
新着情報
PAGETOP